占いたくてもそばに行けない。だから電話を使うんです

- 占い師との対面占いについて

占い師との対面占いについて

占い師との対面占いというのは占い師がいる場所に行って直接顔を合わせて、占ってもらう方法です。占い電話相談という、よく占い特集の雑誌の後ろ側に占い電話相談と、書いていますがそれは占い師との直接対面しなくても電話だけで占ってもらう方法です。

占い師を選ぶ際に、対面占いならば直接占い師を見ることが出来るので、見ただけでどうも相性が悪そうとかも決めれるので、占い師の雰囲気が掴めやすいかもしれません。

占い方法は、その占い師の人の持っている占術のみになります。占いには命術、ト術、相術と、霊感と、その他があって、命術は生年月日や何らかの計算方法で割り出して宿命なんかがわかるものと、ト術は道具を用いて占うのと、相術は名前や手相や家相など、今現在を見れるのと、霊感はインスピレーションです。

占い師の向き不向き

これらを、たった一つの持っているだけでは奥深く見れないので、占い師はぜんぶ出来る人もいますが、どれか2つ以上持っていないと対面占いや電話相談占いはできないでしょうえ。

何故なら、こうだとか出ても占ってもらう側が信じない時や、どうしてそうなるのっと追求して来るので、更に違う占術を持って占ったりもするのです。

悪い結果が出てて、違う方法で見ると違う答えが出る時もあり、同じ答えが出る時もあります。よく町に居てる、手相の人はてそう以外にベイチクと呼ばれる菜箸みたいな長い棒を持っていますがあれは、易占いです。

何人かの占い師に相談してみましょう

相術の手相と、ト術の易占が出来るのでしょう。二種類か三種類占って貰っても同じ答えならもうそれしかありません諦めましょう。

対面占いは悩み事に一件二千円とか千円とか時間では無くて、件数での支払いが多いです。